やたら楽しそうな謎のスポーツ Spike Ball ~キャンプや旅行で遊べる球技~ [おすすめ商品]

(Last Updated On: 2019年12月12日)
この記事を読むのにかかる時間: 70

 トランポリン?いいえ、球技です。 

最近、ちらほらと聞こえてくる「スパイクボール」というスポーツ、

一体どんなスポーツなんでしょうか。

 

実況はワタクシ、山篭 ハウルがお送りします。

Spikeball公式チャンネルからの動画です。

 

なにやら手の平でボールの打ち合いをしているようです。

トランポリンのようなものにワンバウンドしてから打ってますね。

遠く飛んだボールはパスを回してから、仲間がスマッシュを決めています。

いったいどんなルールなんでしょうか…。

場面変わって、

こちらでは寝っ転がったままプレイしています。

余計にルールがわからなくなってきました(笑)。

 

また、こちらはガチ勢とおぼしきユニフォームを着用したプレイヤーたち。

 

側転のような激しいアクションを見せています。

え、もしかしてこのスポーツってカポエィラ…?

こちらはスパイクボールの大会ようです。

ボールのスピードが速いこともあって、

プレイヤーの走る距離が長いですね。

トランポリンのような物体を2つつなげるパターンもあるようです。

いったいどんな決まりなんでしょうかw

一方、こちらでは女性たちが砂浜で激しいスライディングキャッチを決めています。

どうやら、地形や人数・シチュエーションによって

プレイスタイルの変わるスポーツのようです。

こちらはゴム手袋とテーブルでプレイしています。

室内プレイの場合は、こういったグッズで代用することもあるんですね。

集団でもプレイできる!?

 

というわけで、ここまでスパイクボールの雰囲気を動画で感じてきました。

見れば見るほどにどんなルールなのかが気になりますね(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 Spike Ballの遊び方 

総人数4人の場合で説明します。

①4人が、2人ずつわかれてラウンド型のネットの周りに立ちます。

②先にサーブをするチームをジャンケンで決めます。

③バレーボールのように片手で投げたボールを、

もう片方の手でネットに向かって叩きつけます。

④ネットにバウンドしたボールを開いてチームがレシーブします。

 

「ボールに触るのは3回まで」という制限の中でネットにバウンドさせて攻撃します。

お互いにこの「3回」というルールを守りながら、

相手に攻撃していき、

ボールを落とすと失点します。

 

総人数が2人でも6人でも遊び方は同じです。

 ルール

・体のどこでボールを打ってもOK

・ボールを握るのはNG。

・「陣地」の概念はなく、ネットの周りのどこにいてもOK

・公式ルールでは15ポイント制

 

以下の場合は無得点です。

・ボールが地面に触れてしまう。

・ボールがネットの足に当たってしまう。

・ネット上で複数回バウンドしてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 勝つためのポイント 

 サーブ

サーブでミスすると失点します。

「ネットの枠に当たってバウンドしなかった場合」はサーブミスです。

サーブミスをした場合は、サーブのやりなおしです。

 

 攻撃のポイント

他の球技と同じく、

フワっとしたやわらかい曲線を描くボールよりも

鋭く地面をなめるように飛ぶ速いボールのほうが打ち返しにくいです。

 

ただし、他の球技との違いは、

自分と敵との間にトランポリンのようなネットがあることです。

 

ネットにあたったときに、

ボールがどのぐらいの高さまで、

どのぐらいの速さで飛ぶのかというのを一瞬で判断して打たなければなりません。

 いっしょに遊んでくれる人がいない?マッチングアプリありますよ! 

なんと、マッチングアプリがあるようです。

自分のいる位置からの距離を指定して、

プレイヤーを探すことができます。

 

自分から誘ったり、誘われたりできるアプリです。

Spikeball ® iPhone版
Spikeball ® Android版

 これからスパイクボールはグイグイくる? 

 

という噂です(笑)。

スパイクボールは、海外では急速に普及が進み始めていて、

「オリンピック種目に加わるのでは?」

と言う人もいるほです。

 

なぜ、このスポーツにこれほどの人気があるんでしょうか?

 

まず、スパイクボールはとてもコンパクトです。

組み立てれば約90cmほどの直径になりますが、

組み立てる前は袋に入る大きさです。

 

映像でもわかるように

キャンプやビーチ・リゾートなどで手軽にプレイされています。

「みんなで出かけたものの、意外と食事以外の時間は暇」

というパターンはよくあることですが、

これがあれば長い時間楽しめそうですね。

 

また、体の瞬発力と持久力の両方を使うため

他スポーツのプレイヤーたちがウォーミングアップのツールとして

活用されています。

瞬発力と持久力の両方の筋肉がつけられるんだとすれば

ダイエットにも良さそうですね。

 

最初は暇つぶしで始めたつもりが

ハマってしまって、どこでもやってしまいそうなスポーツと言えます(笑)。

実は著者はまだ始めていませんが、

いずれやってみたいと思っています。

 販売ストア 

こちらから購入できます。

↓ ↓ ↓

Wholesale spikeball – Buy Low Price spikeball Lots on AliExpress

 

検索結果一覧から、

備品や価格などを含めて比較されるといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

参照ページ

全米が熱狂するスパイクボールがキャンプ場でも熱い!親子もお隣さんも一緒に遊ぼう | Impala Camp インパラキャンプ 車を個人輸入するところから始まるUJack社長のキャンプブログ

 

【Spikeball スパイクボール】超面白そうなスポーツを見つけたので紹介する | 死ぬまで青春するけんの

 

セール・クーポン情報発信中

コメントされる方へのお願い

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


画像をアップロードできます。対応形式:JPEG・JPG・GIF・PNG