【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】Shippingは選べる – アリエクスプレスで中国輸入    

【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】Shippingは選べる

この記事を読むのにかかる時間: 918

意味

Shipping 運送・輸送

シッピング

アリエクスプレスでは配送方法のことですね。

 

配送方法には追跡できるものとできないものがあることは

以前こちらで書きました。

追跡できる配送方法と追跡できない配送方法

 

運送方法にはいろいろなものがあります。

・とても時間がかかるけど、安いもの。

・とても速くて補償もあるけど高いもの。

・飛行機では運べないものを運べるもの。

・セラーが送料を負担してくれるもの。

 

「速くて安くて確実届く」

というのがあればいいですが、

残念ながらそうゆう都合のいい発送方法はありません(苦笑)。

ケースバイケースで発送方法は選んでいかないといけません。

ではそれぞれの発送方法の特徴はどう違うでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのShippingの特徴は?

Seller’s shipping method

セラーズシッピング メソッド

セラー指定の配送方法です。

こちらが指定できないので追跡できなくてもしょうがないと思ったほうがいいでしょう。

でも、たいていは中国郵政の通常郵便で送ってくれるので追跡できる場合が多いです。

詳しくはこちら。

【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】 China Post Registered Air Mailの意味

 

China Post Ordinary Packet Plus

チャイナポスト オーディナリーパケットプラス

中国郵政の小包配送サービスの一つです。

中国国内では追跡できますが、

 日本国内に入ったら追跡できなくなります。 

 

商品が中国を出てから時間が経ちすぎている場合は、

配送時間の延長を申請しましょう。

詳しくはこちら。

30日経っても商品が届かないときは ~返金を頼むのはまだ早い~

 

China Post Registered Air Mail

チャイナポスト レジスタードエアメイル

中国郵政の通常郵便物です。追跡できます。

ただ、日本の通常郵便物とはニュアンスがだいぶ違います。

詳しくはこちら。

【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】 China Post Registered Air Mailの意味

 

AliExpress Standard Shipping

アリエクスプレス スタンダードシッピング

アリエクスプレスのスタンダードな配送方法です。

が、「スタンダードな配送方法って何?」っていう感じですね(苦笑)。

 シンガポールやマレーシア 

 

 インドネシア・フィリピン、インドネシア、フランス、アフリカなどを経由して送ってくるとても破天荒で夢のある配送方法です(笑)。 

 

到着までに「これでもか」というぐらい時間がかかかる上に追跡ができません。

その代わりこの方法であれば無料で送ってくれるセラーも多いです。

著者の場合は、

・到着に時間がかかっても問題ない。

・壊れにくい。

・安い。

・注文が少数。

 この4つの条件を満たす商品に関してのみこの方法を選択しています。 

極端なこと言えば「最悪着かなくてもあきらめられる」という場合のみということですね。

 

1・2ヵ月後には着いてほしい商品は中国郵政の通常郵便物で注文して、

追加で注文する場合はさらに到着が遅れることを覚悟してこのスタンダードシッピングで注文するという使い方もしています。

 

同じような発送方法でPos Malaysiaというのがありますが、著者にとっては同じようなイメージです。

 

EMS

イーエムエス

速くて追跡ができるのがこの発送方法です。

だいたい1、2週間後には自宅に商品が届きます。その代わり料金が高いです。

関税が必要になったときは通関に時間がかかりやすいです。確実に届くわけではありませんが、補償があります。

 

Fedex

フェデックス

民間会社で68kgから997kgまでの重量物

が送れるのが特徴です。途中から協賛会社に配送を任せる形をとっているので、商品が多少乱雑に扱われる可能性があるのは覚悟しましょう。

EMSよりも早く到着しやすいのが特徴です。目安として速いと1~3日、長いと2週間弱です。めちゃくちゃ速いですね。その分EMSより料金は高いです。

アメリカ系の企業なので、アメリカやヨーロッパへの配送に強いです。追跡可能です。

 

DHL

ディーエイチエル

こちらも途中から協賛会社に配送を任せる形をとっているので、商品が多少乱雑に扱われる可能性はあります。Fedexと同じく速い配送方法ですが、

Fedexよりもさらに高いです。ドイツに本社がある郵便局でヨーロッパ・アフリカへの配送には強いですが、

アジア圏への配送にメリットがあるかというと

微妙です。

とはいえ、世界で最も信頼されている配送業者ですが、

ネットでのトラブルのクチコミはたまに目にします。追跡可能です。

 

TNT

ティーエヌティー

有名ではないですが、オランダに本社を置く会社でヨーロッパ・アメリカ・アジアにおいて信頼されている配送業者だそうです。

ホームページの使いやすさにも定評があります。

ですが、DHLよりも送料が高いのと、

「商品が破損して届いた」、「ちゃんと対応してもらえなかった」

と言った内容のクチコミも見受けられます。

追跡可能です。

 

配送日数の目安は注文前に知ることができますので、

この画面を開いて確認するようにしましょう。

 

PCの場合

 

スマホの場合

発送方法を選ぶ基準は?

これだけ発送方法があると迷いますね。

ここで紹介しきれなかった配送方法もいくつかあります。

しかし、結論から言うと

 安ければいい。 

ということが言えると思います。

そうゆうと、

「え?到着に時間がかかるんでしょ?」

とか

「でも、もし壊れて届いたら…」

という声が聞こえてきそうですね。

大丈夫です。

 到着に時間がかかる商品は小まめに注文することでそのリスクを小さくできます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンスタントに毎週5個売れる商品なら、20個まとめて注文しなくても毎週5個注文しても同じですし、

毎週注文してれば結果的に毎週商品が届くようになります。まとめて注文するよりもリスクが小さいですしね。

※詳しくはこちら。

初心者が転売で破産しないための3原則 ~経済学編~ 【重要】

 

また、

 壊れる可能性のある商品は基本注文しない 

 

 ようにしましょう。そうすればどの発送方法でも壊れて届くことはありませんから、補償をつける必要はなくなります。 

 

※商品選びの基準はこちら。

リスクの低い商品かどうかを決める3原則 -物理編-

 

それでもどうしても、いくつかは壊れて届くことがあるので、

それはアリエクスプレスを通してセラーと紛争して、

破損した個数分返金してもらいましょう。届かなかった場合も同じです。

商品が破損・故障していたら

 

また、梱包や検品に気をつけてもらえば、破損の確率は大きく減らせます。

 

というわけで、

安ければいい

という理由がお分かりいただけたでしょうか(笑)。

ただし、例外として

AliExpress Standard Shipping

のような世界を大冒険して自宅に届くような発送方法には気をつけましょう(笑)。

「距離が長いと壊れる可能性が増す」

というのは壊れにくい商品を注文すればカバーできる問題ですが、

到着まで時間がかかるのはどうにもなりません(笑)。

この

AliExpress Standard Shipping

も毎週注文することで、ある程度コンスタントに家に届くようになりますが、

大回りしてくるため到着のタイミングは予測しにくいです。

 

また、基本的にはアリエクスプレスで高額商品は買わないほうがいいですが、

どうしても買いたい場合は補償のある発送方法を選択しましょう。

繰り返しになりますが、

基本的には一つ一つが安価で壊れにくいものの仕入れに徹したほうがいいです。

どの発送方法もいろんな特徴がありますが、結論としては

「発送方法ではなく仕入れるもののほうが重要」

と言えます。

 

安くて壊れにくいものを注文すれば輸送中のリスクは最小限です。

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加