売りたい物を仕入れちゃいけない。その理由。 – アリエクスプレスで中国輸入    

売りたい物を仕入れちゃいけない。その理由。

この記事を読むのにかかる時間: 53

ステキな店がつぶれてしまう理由

自分で何かを売れる知識がつくとワクワクしてきますよね。

街の本屋さん・雑貨屋さん・花屋さん

と同じように自分の店を持てるようなものですから、自由と希望を感じます。

 

でも、思い出していただきたいのですが、

近所の本屋さん・雑貨屋さん・花屋さん

にはつぶれてしまった店もあったのではないでしょうか。

 

しかも、中には売れゆきがいいように見えた店もあったはずです。

 では、なぜか彼ら・彼女らの店はつぶれてしまったのでしょうか。 

 

場所が悪かったとか集客ができなかったとかいろんな理由はあるかもしれませんが、

結論を言うと

「利益が出なかった」

ということに尽きるのではないでしょうか。

 

その中の要素の一つとしてある

 「利益を出すために何を扱うか」 

 

 はとても大きいです。扱う商品の人気度ひとつでアクセス数も収入も左右されてしまうからです。 

どんなに品揃えが良くても、自分の得意な分野の商品を扱っていても、コンスタントに利益が出るかどうかは別です。

 

 

 

 

 

 

仕入れるときの一番の基準はあくまで利益

最初から売りたいものを仕入れたくなってしまう気持ちはわかりますが、

それでは生き残ることはできません。

 

あくまで、

市場調査

利益率が大きくて、コンスタントに売れる商品を小まめに仕入れる

が基本です。

 

「売りたい」を基準にして仕入れてしまうと、

 売りたい商品を仕入れる 

 売れない 

となるか

 売りたい商品を仕入れる 

 売れたけど、利益が小さい 

(もしくは赤字)

という状態になってしまいます。

だから、 初心者はこの「市場調査」を一番大事にしていただきたいんです。 

 

 

 

 

 

 

最終的には「利益が出る商品の中から売りたいものを売る」を目指す

ただ、ある段階になると、

売りたいものを仕入れても大丈夫な時期が来ます。

“市場調査が習慣になったとき”

です。

 「利益率が大きくて、コンスタントに売れる商品」 

 

 の中から商品を選べるようになってからであれば、 

 

 その中から好きな商品を仕入れても問題ありません。 

 

むしろ、そういった商品を積極的に仕入れていくことで

“そのジャンルのプロ”

になっていけますし、お客さんの質問にも答えられるようになっていきます。

 

インターネット販売の場合は、

「なんでも売るなんでも屋さん」

よりも

「特定のジャンルの商品を売る特化型店」

になったほうが商品への注目が集まりますし、

リピーターも増えます。

 

というわけで、

市場調査を習慣にする

利益が出る商品を仕入れて売る

利益が積みあがってきたら、利益が出る商品の中から売りたいものを仕入れていく

という手順をオススメします。

利益を担保にして、品揃えを増やしていく考え方ですね。

 

 この方法なら、少しずつ少しずつ毎週・毎月の利益が増えていくはずです。 

※市場調査の仕方はこちら

 

売れ筋商品を調べる ~ヤフオクで過去に売れた物を調べる~

アリエクスプレスでよく売れている商品の仕入れ値と仕入先を調べる

 

 

※「仕入れても大丈夫かどうか」を知っておくために、一般的な法律だけは一通り抑えておきましょう。

輸入販売や転売に関わる法律

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください