スマホでBuyer Protection(購入者保護)の期間延長申請をする – アリエクスプレスで中国輸入    

スマホでBuyer Protection(購入者保護)の期間延長申請をする

この記事を読むのにかかる時間: 312

スマホの場合はアプリが必須

パソコン版の場合は、ブラウザ版しかありません。

※ブラウザ=インターネットを見るソフト。

 

PC用ブラウザ版では、

アリエクスプレスで必要な全てのことができます。

パソコンでバイヤープロテクションの延長をしたい方はこちら。

30日経っても商品が届かないときは ~返金を頼むのはまだ早い~

 

 

しかし、スマホのブラウザ版では最低限の機能しかありません。

Buyer Protectionの延長もできないようになっています。

それどころか、残りの保護日数も把握できません。

 

なので、スマホでアリエクスプレスを使う方はアプリをダウンロードしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホから保護期間を延長する方法

アプリをダウンロードすればセラーにメッセージが送れるようになるはずです。

My Orders(私の注文)

Order Details

Message

という手順でメッセージを送れます。

 

ここで例えば40日延長したい場合は、

 

Due to shipping delays,please extend delivery date by 40 days.

(配送の遅れのため、配送日を40日延長してください。)

 

と書きます。

パソコン版でも、延長した場合は結局このメッセージがセラーに送られるだけです。

つまり、やってることはいっしょなんです。

 

 

 

 

 

 

 

ただし、延長するべき日数は人によって違う

追跡できる配送方法であれば、

たいていは3、40日も延長すればその間に到着するでしょう。

それに追跡できるので、

「どのぐらい延長すればいいか」

というのは追跡情報から一目瞭然です。

 

しかし、追跡できない配送方法の場合はどうでしょうか?

荷物がどこにあるのかわからないので、

どのぐらい延長したらいいのかもはっきりわかりません。

 

そういった理由で、延長できない配送方法の場合は

長めに延長したほうがいいと思います。目安として60日です。

 

実際に延長するかどうはかセラーの任意なので、

延長申請したあとは

「実際に延長されているか」

を確認する必要があります。

申請より短い日数しか延長してもらえなかった場合は、

しばらくして残りの保護期間が少なくなってきたら、

また延長申請をしましょう。

 

「商品が到着するまでとにかく保護期間を延長する」

これで買い手は配送上の問題から保護されます。

 

逆にこれをちゃんとしないと

セラーにお金が振り込まれて取引が終了してしまうので、注意しましょう。

【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】Shippingは選べる

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

3 Comments

  1. Pingback: 30日経っても商品が届かないときは ~返金を頼むのはまだ早い~ – アリエクスプレスで中国輸入    

  2. Pingback: 操作方法・設定方法 Q&A – アリエクスプレスで中国輸入    

  3. Pingback: 配送・追跡・購入者保護 Q&A – アリエクスプレスで中国輸入    

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像をアップロードできます。対応形式:JPEG・JPG・GIF・PNG