商品が届かない。返金してもらう方法は? – アリエクスプレスで中国輸入    

商品が届かない。返金してもらう方法は?

この記事を読むのにかかる時間: 749

まずは、商品の現在地を把握する

 

Logistics tracking problemの意味や原因についてはこちらに書きました。

まずはこちらをご参照ください。

Logistics tracking problem  配送追跡問題?

 

アリエクスプレスでは補償があります。

商品が届かなかった場合も、

商品が破損していた場合も

「紛争提起」によって返金してもらうという流れはいっしょです。

 

ただし、

 商品が届かなかった場合は、 

 

 商品自体がこちらにないわけなので証拠写真や証拠動画を撮影することができませんよね。 

 

では、どうしたら

「商品が日本に届いていないこと」

を証明できるでしょうか。

 

追跡できない発送方法を選ばない限りは、

Track Order(注文を追跡する)

を見れば商品の現在地はわかります。

 以下の方法で荷物の現在地を把握します。 

 

Hi,●●

を押す。

My order(私の注文)

 Awaiting delivery (配送待ち)

Track Order(注文を追跡する)を押す。

これで、現在地がわかります。

これを見て日本に到着していないのであれば、紛争提起をせずに商品到着を待ちましょう。

 

ただし、一ヶ月も届かないのであれば過去の記事

30日経っても商品が届かなかったら…

の手順で購入者保護期限を延長しましょう。

 

 

 

 

 

 

郵便局に届いているのに、家には届かなかったら?

判断が難しいのは、

Track Order(注文を追跡する)

を押したときに

  • Processing at delivery Post Office(配達郵便局で処理しています。)

となったまま2日以上経過している場合です。

 これは、ほとんどの場合郵便局に留め置かれています。 

 

まずは、 自宅のポスト不在表が入っていないかを確認 し、

入っていない場合は地元の本局に問い合わせてみましょう。

 

恐らく

「追跡番号を教えてください」

と言われるので、

「海外番号●●です」と伝えましょう。

 

 地元の郵便局にすでにある場合は届けてくれるはずです。 

自分から郵便局に出向く場合は、身分証を持っていきましょう。

 

ごく稀に

「持ち主不明」

のような形で商品が届けられない場合が発生するようです。

 ※1週間取りに行かないと荷物を処分する場合もあります。 

 

 まずは、電話でいいので、早めに確認しましょう。 

 

 

 

 

 

 

商品が追跡できない場合は紛争提起

商品が追跡できない場合は紛争提起(Open Dispute)できます。

例えば、上記のケースで郵便局に問い合わせても郵便局に荷物がないとか、

Successful delivery(配達成功)

となっているのに商品が届いていない場合などです。

 

どちらも事故の場合もありますが、

セラーが住所を間違って書いてしまったケースやウソのトラッキングナンバーを教えている可能性もないわけでありません。

 「追跡データ上届いているはずなのに、受け取っていない」 

 

という状態なわけですから、

こういった場合は、迷わず紛争提起(Open dispute)をしましょう。

 

Open dispute (紛争提起)

の開き方は前記事の通りですが、開いたら以下のように入力します。

Refund Only(返金のみ)を選択

Did you receive the item?(商品を受け取りましたか?)
○No.(いいえ)

Reason for refund request(返金リクエストの理由)
 Logistics tracking problem (配送追跡問題)

を選択します。

以下から当てはまるものを選びます。

purchase protection is running out,but package is still in trasit.
(購入保護が不足していますが、パッケージはまだ輸送中です。)

Package was returned to seller by shipping company.
(パッケージは配送会社によって売り手に返されました。)

No tracking information.
(追跡情報がありません。)

Refund Amount(返金金額)
JPY¥ □←この四角に返金してほしい金額を入力。破損してる商品の数分の金額。

Please write your request detail:(リクエストの詳細を入力してください)

例:Goods are broken,So,Please refund.(商品が壊れているので返金してください。)

Please upload your evidence.(あなたの証拠をアップロードしてください)

Browse(ブラウズ)を押す。

商品追跡情報のスクリーンショットを載せましょう。

Submit(提出)

これで紛争提起の手続きは終わりです。

 

 

 

 

 

 

ほとんどの場合は、

荷物を追跡できれば荷物の現在地がわかるので不安を感じる必要はありません。

ただし、ここにないケースで、

「そもそも住所が間違っていた」

とか

「住所の階数や部屋番号を書いていなかった」

とか

「税関で没収されるような商品を注文した」という可能性も有り得ます。

※住所の書き方はこちら。

住所の書き方~商品が届く書き方と届かない書き方~

 

※輸入に関する法律はこちら。

輸入販売や転売に関わる法律

 

このあたりは、注文する前に注意できることです。

商品を届けてもらう上で一番大事なことなので、十分に注意しましょう。

他にも返金してもらいたいケースというのはあると思います。

Open Disputeの意味・使い方・注意点についてはこちらに書きました。

【aliexpressのトラブルで使う英語】Open Dispute【ビジネス英会話・英文・英単語】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください