初心者はこれだけ押さえとけば大丈夫 ~購入のポイント~ – アリエクスプレスで中国輸入    

初心者はこれだけ押さえとけば大丈夫 ~購入のポイント~

この記事を読むのにかかる時間: 646

初心者には強みと弱みがある

輸入初心者には長所と短所があると思います。

長所は、

「これは仕入れても売れないんじゃないか」

という 恐怖心や不安があまりないことです。 

 

輸入販売に慣れれば慣れるほど、

多くの苦い経験をするでしょう(笑)。

 

変な恐怖心がついてくると損をしたくない意識が強くなるので、

「このジャンルの商品は売れる。このジャンルの商品は売れない」

という経験から生まれた先入観みたいなものができてくるので、

仕入れに悩むようになってしまいます。

 

 

それに対して、どのジャンルもフラットに見ていろいろなものを仕入れられるのは初心者の強みです。

一方、短所は、いきなりつまづいて恐怖心を持ってしまいやすいことです。

 

 最初から、中国輸入に恐怖心を持ってしまわないように最低限のポイントは抑えましょう。 

 

 

 

 

 

 

初心者が押さえないといけない最低限のポイント

AliExpressに登録した

 画面右上から、発送先を日本、通貨を「¥」にする。  【理由】
・日本に送れない商品を表示しないため。
・円表示のほうがわかりやすいから。

さらに、不良品が出て返金してもらうときも

 

 ドルで買ってしまうと返金額が価格変動しますが、円で買ったなら変動しません。 

 

ほしい商品を見つけた

その商品が輸入して大丈夫な商品か調べるために、

このサイトの

9.トラブル対策室

を見たり他のサイトで法律を調べる。

【理由】
・せっかくいいものを仕入れても、 税関で処分されてしまっては無駄になってしまうため。 

・販売する段階になってトラブルを起こさないため。

 

商品を買いたい

 買うときは追跡できる発送方法を指定する 

【理由】

 ・追跡できないとトラブルがあったときに、 

 

 詐欺なのか事故なのか区別がつかないから。 

・追跡できないとあとどのぐらいで届くのか予想できないので、

仕入れスケジュールが組みづらいから。

 

住所を入力する画面が出てきた。

届けてほしい住所・建物の名前・階数・部屋番号までをローマ字で漏れなく書く。
【理由】
・詳しく書かないと届かないことがあるから。

・ローマ字じゃないと、国際便として発送できないから。

 

商品が30日経っても届かない

 購入者保護期間を延長する申請をする。 

【理由】

・商品が届いていなくても

一定期間時間が経過すると

自動的にアリエクスプレスからセラーにお金が振り込まれてしまうから。

・セラーに届いていないことを伝えることができるから。

 

商品が届いた

まずは、商品を自分自身でしっかり検品する。
【理由】
・海外の商品は、日本の検品の基準とは違う上に配送中の商品が破損することもあるから。
・壊れていればAliExpressが補償してくれるから。

 

商品が破損していた

 壊れた商品の写真・追跡番号が載った住所のラベルの写真を撮る。 


Open Dispute(紛争を提起する)を押して、2枚の写真とともに破損していた個数分の返金を要求する。
【理由】
 ・商品が破損していたのであればほとんどの場合AliExpressに補償されるから。 

 

商品を検品した。

Confirm Goods Received(受領を確認)を押す。
【理由】
・取引の礼儀として、セラーにお金が振り込まれるようにするため。
 ・「どれが届いてどれが届いていないのか」自分自身でわかりやすくするため。 

 

 

 

 

 

 

ポイントを押さえれば、初心者の強みが生きてくる

最低でも上記を抑えておけば、

何かあっても仕入れトラブルで損することは基本的にありません。

 「自分だったらこの住所の書き方で商品を届けられるか」 

 

 「今どこに荷物があるんだろう」 

 

 「届いた商品に傷や破損はないだろうか」 

いつもそうゆう疑問を持ちながら、

それを確認しながら次の工程に進んでいけば間違いありません。

 

そのときそのときで確認するべきことをしっかり確認していきましょう。

慣れるまではたいへんに感じるかもしれませんが、ポイントは10個以下です。

何度も繰り返して体にしみつけば、そんなにたいへんな作業だとは感じなくなります。

私自身、

 アリエクスプレスの取引で自分が損失をこおむるようなトラブルに合うことはほとんどなくなりました。 

 

これらの初心者がつまづきやすい基本的なポイントを押さえれば

商品購入の一連の作業ができるようになります。

 

初心者の欠点を自分自身でフォローできるようになれば、

初心者の

「偏見のないフラット心」

の強みを最大限に生かしていろいろな商品を楽しみながらテスト仕入れすることができるわけです。

売れそうなものを調べたり、自分の得意な知識を生かして市場調査に専念することができます。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください