お酒を輸入販売するには免許が必要? ~酒税法~ – アリエクスプレスで中国輸入    

お酒を輸入販売するには免許が必要? ~酒税法~

この記事を読むのにかかる時間: 32

酒税法とはなにか

 お酒は酒税法の規制対象であり、勝手に売ることができません。 

原則全ての人に対してお酒の販売を規制するというのが酒税法です。

酒税法は、輸入するときではなく販売するときの法律ですね。

 

なんのためにこの法律があるかといえば、

お酒は日本にとって大事な税収源である上、

未成年への飲酒へ規制などとも関係しているため慎重な扱いが必要とされるためにあります。

 

しかし、だからといって、

「お酒は売れません」

だとおもしろくないので、この記事ではどうしたら売れるかを考えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

お酒を売る方法

お酒は、うまくすれば大きな利益が出る可能性がありますが免許が必要です。

逆に言うと 免許さえ持っていれば、売ってもいいことになります。 

ただし、それぞれの免許でできることが違います。

免許は大きくわけると以下の4つです。

■通信販売酒類小売業免許

お酒の ネット販売をするのに必要な法律 です。販売できるのは地酒と輸入したお酒に限ります。

■一般酒類小売業免許

原則全ての酒を小売できます。

■酒類卸売業免許

 お酒を卸売りするのに必要な免許 です。ビールだけを卸売りできる「ビール卸売業免許」やウィスキーやリキュールといった雑酒を売ることができる「洋酒卸売業免許」など種類があります。

■期限付酒類小売業

以下の全ての条件に合致する場合に 期限付きで取得できる免許 です。

1 目的が特売・在庫処分等でない

2 契約等により販売場が特定されている

3 開催期間や期日が事前に決まっている

お酒の販売する期限が限られているならこの免許だけで足りてしまうことになります。

 

 

 

 

 

 

免許なしでお酒を売る方法は?

実は、免許がなくてもお酒を売る方法があります。

一つは、「アルコール度数1%未満のお酒を売ること」です。

これなら規制の対象になりません。

 

もう一つは

「営利目的ではなく買ったお酒を処分する場合」

です。

 

どの程度の頻度で売ったら営利目的となるかは当局の判断次第なので、利

益を目的として仕入れるなら免許をとってしまったほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください