【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】Return Policyは商品の補償 – アリエクスプレスで中国輸入    

【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】Return Policyは商品の補償

この記事を読むのにかかる時間: 830

この記事の目次

意味

Return Policy 返品規則

リターン ポリスィー

 

返品するための決まりです。

アリエクスプレスでは返品できますが、なんでもかんでも返品できるわけでありません。

なんでも返品できるなら、セラーはその対応に追われてしまう可能性もあるわけですし、

場合によってセラーだけが理不尽な理由で損をする可能性があります。

 

例えば「商品の仕様が思ってたのと違ったから、送料セラー持ちで返品させてほしい」などです。

 

逆に、返品の規則が厳しすぎると我々買い手が損をすることになりますね。

では、その規則はどのような内容になっているんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

補償の内容

商品販売画面の

 Return Policy 

 

を見ると、

Returns accepted if product not as described,

リターンズ アクセプティッド イフ プロダクトノット アズディスクライブド

 記載されていない商品だったなら、返品を受け入れ、 

 

 

buyer pays return shipping fee;

バイヤーペイズ リターンシッピングフィー

 バイヤーは返品送料を払います。 

 

or keep the product & agree refund with seller

オア キープダプロダクト ェアンド アグリーリファンド ウィズセラー

 または商品はそのままで、売り手との払い戻しに同意します 

 

とあります。

※たいていはこれと同じ内容ですが、セラーによって多少異なる可能性はあります。購入前に同じかどうかご確認ください。

 

つまりこれは、

 「違う商品が送られてきたら、送料セラー持ちで返品を受け付けます。もしくは、商品を買い手にあげる形にし、返金もします。」 

ということを意味します。

さらに

View details

を押してみます。

ここにはさらに詳細の規則がかかれているわけですが、簡単に言うと以下のようなことが書かれています。


 ・返品および・払い戻しはアリエクスプレスで販売する全ての商品において販売者が保証しています。 

・アリエクスプレスで購入した商品で、「記載されていない」、「品質が低い」場合は、セラーに連絡して問題を解決できます(セラーの返品保証によります)

・あなたは全額払い戻しと返品の依頼をすることができますが、部分的な払い戻しにも同意します。

保証の範囲
商品が説明通りでない場合は、サイトを通じて保証を受けられます。

 以下の状況は含まれていません。 

 

・商品は記載通りではありませんが、セラーは同一の商品であることを証明できます。

 ・単に「いらない商品だった」という理由の場合(セラーが簡単に返品に応じない場合。) 

 

保証期間の保証
 ご注文完了後15日以内であれば払い戻しリクエストを提出することができます。 

注文の詳細ページで紛争(Open dispute)を開くことでこれを行うことができます。 注文ごとに1件の紛争のみを開くことができます。

返品送料
セラーと商品の返品に同意した場合は、セラーの配送条件も確認してください。 セラーが返品送料を支払う場合は、まず配送方法に同意します。

それから、売り手があなたに配送料を返金する方法を確認してください。

簡略化した意訳なので、ちょっとわかりづらいでしょうか。

つまり、これはどうゆうこと注意したらいいんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

注意点

 

上記の保証内容はさらに簡略化すると

こうゆうことです。保障の内容は重要ですのでぜひ覚えておいてください。

 

・記載と違う商品・あきらかに品質の低い商品ならセラーに連絡して問題を解決できる。

 ただし、これはセラーの返品保証内容による。 

 

 ・単に「商品がいらない」という場合は保証の対象にはならない。 

セラーが返品に応じる場合は別。

 

 ・保障期間は注文完了後15日以内。 

・受け取り連絡をしてから15日以内。

・もしくは、配送期限が切れてから15日以内。

 ※配送期限が切れそうな場合は延長しましょう。詳しくはこちら。 

30日経っても商品が届かないときは ~返金を頼むのはまだ早い~

 

 ・Open Disputeによって紛争できるのは1注文ごと。 

同じストアから複数の違う商品を買って全てが期限内に届かなかったり、不良品だった場合は商品ごとに個別に紛争しなければならない。

※Open Disputeに関してはこちら。

商品が破損・故障していたら

 

・セラーが返品送料を支払う場合の手順は、

①配送方法に同意。

②返金方法をセラーに確認。

 

返品の保障にはちゃんとした決まりがあるんですね。

 これは個人的な意見ですが、注文直後に「検品や梱包に気をつけてください」とこちらから頼んだにも関わらず 

 

 あきらかに故障した商品が届いたなら、返品よりも「返金」してもらったほうがいいと思います。 

 

その場合、セラーに落ち度があると言えますし、海外に返品するのは一苦労です。

※検品・梱包してもらう方法に関してはこちら。

検品の仕方

 

それに、下手に交渉すると

「次回ディスカウントするよ」

とか

「プレゼントを贈るよ」

という理不尽な提案をされたりします。

 

セラーに落ち度があることがあきらかな場合は、迷わず

 Open Disputeボタン 

 

を押して、返金してもらったほうがいいでしょう。

 

※返金してもらう方法についてはこちら。

商品が破損・故障していたら

 

もちろん、1つしか壊れていないのに全額の返金を望むようなケースは買い手が「どろぼう」になってしまいますから、

故障していた個数のみ返金してもらうようにしましょう。これはOpen Disputeの返金額に個数分の金額を入れればOKです。

 

また、こちらに時間的な余裕があるなら、

 

・不良品の証拠となる商品の写真

・トラッキングナンバー(追跡番号)の写真

 

の両方をメッセージにセラーに送った上で

「壊れていない商品を再送してください」

と言うのも手です。

 

応じてくれなければ

Open Dispute

で返金してもらいましょう。

 

保障の内容とトラブル対処法を身につけて、仕入れリスクを上手に下げてください。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください