株・FXトレーダーの破産確率の計算表を物販で使う。~バルサラの破産確率表~ – アリエクスプレスで中国輸入    

株・FXトレーダーの破産確率の計算表を物販で使う。~バルサラの破産確率表~

この記事を読むのにかかる時間: 936

破産を避けるためには勝率とリスクリワードのバランスが大事

 ここで話すお話は、著者が現在輸入販売で稼いでいる要となる秘密の概念です。 

 

 トレーダーの間では常識ですが、物販で導入している人はほとんどいないでしょう。 

 

 ここで書いてあることを実践するだけでライバルに大きく差をつけることができます。 

 

ただ、この記事で書いているのは応用的な話です。

勝率、リスクリワードに関しては、以前別の記事で書いています。

まだ読んでいない方はここでの話はよくわからないはずなので、

この2つの記事から先に読んでください。

勝つ確率を計算している人は常に利益を出している ~勝率~

 

損小利大テクニックで利益は常に大きく ーリスクリワードレシオー

 

勝率は大事です。

リスクリワードも大事です。

でも、この2つのバランスはもっと大事です。

 

なぜならこの2つのバランスによって破産する確率が全く違うからです。

このバランスが悪い人は、破産確率100%です。

一時的に稼ぐことができても、

取引を続けるうちに確実に破産に近づいていきます。

 

なぜなら、回数を重ねれば重ねるほど本来の確率に収束していくからです。

(中心極限定理)

 

・薄利多売で普段はいつも利益を出している(勝率が高い)ものの

ドカーンと損失を出す人

・一回の利益はそこそこ大きいもののほとんどの取引では損している人

 

どちらもバランスがいいとは言えません。

 

「自分が危険域にいるのか安全圏にいるのかわからない」

 

という方はある意味でもっと危険です。

 

「このまま仕入れたり売ったりしててだいじょうぶかなぁ…?」

とモヤモヤした不安を感じながらも根拠のない仕入れと販売を繰り返してしまうからです。

 

数字としてはたとえわずかにでも、

勝率とリスクリワードのバランスが悪い取引を続けていれば

「気がついたときには仕入れ資金がショートしている」

ということにもなりえます。

 

そこまでに積み上げた

・時間

・労力

・お金

全てが水の泡になってしまいます。

 

そうならないためにも、

自分自身の現在の位置を把握しておきましょう。

 

これからするお話は、

輸入販売で貯金を増やしたり

在庫を増やす上でとても大事なことです。

 

 「利益を上げ続ける」ということは「損しない」ということに他ならないからです。 

 

そのために誰でも簡単に使うことができるのがバルサラ破産確率表です。

 

 

 

 

 

 

 

バルサラの破産確率表とは?-表の見方-

これがバルサラ破産確率表です。

数学者、ナウザー・バルサラ(Nauzer J. Balsara)が考案しました。

破産確率が1%以内におさまれば、市場で生き残っていけると言われています。

 

この表を使えば、

複雑な計算式を使うことなくすぐに自分自身の破産確率を知ることができます。

 

例えば、こうです。

 1種類の商品に限って考えたときに、 

 

100回の取引のうち

80回が利益

20回が損失

 

という場合は、

勝ち取引数80÷総取引回数100=0.8

となり、勝率80%です。

そして、

利益(売上-仕入れに関わるお金)が100円

売れなかった場合の損失(広報費など)が100円

だとします。

 

つまり、

平均利益100円÷平均損失100円=1

となります。

リスクリワードは1です。

この2つを線で結ぶとこうなります。

 

“0”のところでぶつかりますね。

これは「あなたの手法は破産確率が0%です。

ということを意味します。

 

思ったより全然簡単でしょ?

 

以前、こちらの記事では、

「輸入販売はFXや株と違って後だしじゃんけんできるんです」

という話をしました。

FXと株どっちにするかで迷ってる?やるなら輸入販売でしょ!-個人輸入が有利な3つの理由・原理-

 

 

市場調査さえしっかりすれば、

 

 売れやすい商品=勝率の高い商品 

 

だけを選んで仕入れることができます。

 

 

市場調査さえしっかりすれば、

 

 利益率の高い商品=リスクリワードの高い商品 

 

だけを仕入れることができます。

 

つまり、

 “市場調査さえしっかりすれば”破産確率はいくらでも下げることができます。 

 

※市場調査の方法はこちらに書いています。

【中国輸入リサーチのコツ】売れ筋商品を調べる ~ヤフオクで過去に売れた物を調べる~

 

 

 

 

 

 

 

 

破産しにくい場所にとどまるための秘密の裏技

以前こちらの記事で

「リスクリワードは1以上になる商品を仕入れましょう」

というお話をしました。

損小利大テクニックで利益は常に大きく ーリスクリワードレシオー

 

単純に言えば

「仕入れの2倍で売れる商品を仕入れましょう」

ということですね。

 

それはなぜでしょうか?

 

こちらを見てください。

前述したように、

破産確率がつねに1%以内であれば市場で生き残っていけるというのが通説です。

 

リスクリワードが1以上を維持することができれば、

勝率70%以上あれば破産確率を1%以内におさめることができます。

 

勝率90%が勝率70%まで落ちてもまだ余裕があります。

60%になった場合は、1%を超えるので危くなりますが利益はなんとか残るでしょう。

 

このようにリスクリワード1以上あれば、

商品の人気が落ちてきても時間的な余裕があります。

 

ところで、この時間的な余裕を利用して勝率50%になる前にどうしたらいいでしょうか?

 

 売り切ればいいんです。 

 

勝率が下がるということは値崩れの前兆のこともありますし、

仮にそうでないとしてもあまり売れなくなった商品の在庫をたくさん抱えるのは無駄です。

 

商品人気が落ちてきたら売り切るために、

一度に大量に仕入れず小まめに毎週ちびちび仕入れましょう。

商品人気が落ちてきたらその商品の仕入れを

すぐやめるだけでリスク回避できます。

 

こういった理由で初心者はまず

リスクリワード1以上

というのを目安に商品を仕入れましょう。

 

リスクリワード以上の商品は

・見つけやすい

・稼ぎやすい

・損しにくい

という3拍子が揃っています。

 

 そして、リスクリワード1以上の商品を複数種類仕入れたり売ったりできるようになったら、 

 

 リスクリワード2を目指します。 

 

 つまり、仕入れの3倍で売れる商品を仕入れるわけです。 

※当然ですが「商品を無理矢理3倍で売りつける」ではなく「3倍で売れる商品を仕入れる」というのがポイントです。

 

著者は仕入れの3倍で売れる商材を持っています。

リスクリワードが2になると、最悪2回に一回ぐらいしか売れなくても充分利益になります。

 

 仕入れの3倍で売れる商品はそれだけライバルが少ないことでもあるので、 

 

 かえって勝率も安定している商品が多いんです。 

 

こんなふうに、破産確率は損をしないために大事です。

中上級者にとっては利益を膨らませていくために大事です。

 

利益を積み重ねて累進的に貯金を増やすために、

ぜひこの記事で書いてきた秘密の方法を使って安定した利益をあげてください。

関連記事

統計学の基礎を使って預言者になった人は物販・転売で稼げる ~大数の法則~

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1 Comment

  1. Pingback: 損小利大テクニックで利益は常に大きく ーリスクリワードレシオー – アリエクスプレスで中国輸入    

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像をアップロードできます。対応形式:JPEG・JPG・GIF・PNG