【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】Size合ってなくない? – アリエクスプレスで中国輸入    

【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】Size合ってなくない?

この記事を読むのにかかる時間: 350

意味

Size 大きさ

サイズ

多くの人が知っている単語「サイズ」ですね。

ファーストフード店で

「ポテトのLサイズください」

と言えばLサイズを出してくれますし、コーヒーショップチェーン店で

「トールサイズください」

と言えばトールサイズのコーヒーが出てきます。

 

当然と言えば当然です。

なぜ、これらの単語で行き違いが生じないかというと

「Lサイズ」・「トールサイズ」

というネーミングが普及していて

みんなの共通認識になっているからです。

 

 でも、アリエクスプレスで商品を買うときは、 

 

 とてもこのすれ違いが多いんです。 

それなぜでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

イメージとのギャップ

前回のこちらの記事を読んでいただいた方は

もうなんとなくおわかりだと思います。

【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】Colorの意味が日本語と違う?

 

そうです。ニュアンスの違いです。

同じ単語でも海を超えるとニュアンスが変わります。

とりわけこの

Sizeという単語に関しては、

中国とそれ以外の国で明確な違いがあります。

例えば、服の

「Lサイズ」

で言えば、

「大きいサイズ」

というイメージですが、

誰もが納得する大きいサイズってどのぐらいの大きさでしょうか。

 

アリエクスプレスでは世界中から注文が入るわけですが、

アジア人にとってのLサイズとヨーロッパ人・欧米人にとってのLサイズは変わります。

誰もが着られるLサイズの服をつくろうとしたらとてつもない大きさの服になってしまうことでしょう。

では、どうしたらほしいサイズを注文できるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

目的のサイズを注文するには?

服であれば、一覧表など

 「サイズ目安」 

 

が商品の販売ページにあるはずですから、

それをよく確認しましょう。こんなふうに体のそれぞれも部位を基準にした一覧があるはずです。

もちろん服の形状によって、

この一覧通りに買ってもきつすぎる商品などもありますから、テスト仕入れは書かせません。

※テスト仕入れに関してはこちらに描きました。

また、スマートフォンホルダーなどの場合は、

商品説明のSizeのところに具体的なサイズが書かれています。

 

ただ、こういった商品のサイズだけ見ても、

「どの機種に対応しているか」

まではわかりません。

 対応機種もよく確認するようにしましょう。 

 

サイズが選べるときは、

色を選ぶときといっしょで

選択肢のボタンがあることが多いです。

 

ない場合は、注文前にセラーにほしい色の在庫があるか質問してからにしましょう。

 

例えばこんな感じです。

Do you have goods of Blue? ブルーの商品はありますか?

ドゥユー ハヴ グッズォブルー

 

サイズも商品の価値として重要ですから、

注意して注文するクセをつけてるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください