【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】後で買いたいときのAdd to Wish List – アリエクスプレスで中国輸入    

【中国仕入れのビジネス英会話・英文・単語】後で買いたいときのAdd to Wish List

この記事を読むのにかかる時間: 517

意味

Add to Wish List ほしいものリスト

アドトゥーウィッシュリスト

 

Amazonでお馴染みの「ほしいものリスト」と同じですね。

と言っても、

誰かにプレゼントしてもらう機能はついていません。

 

そうゆう意味ではヤフオクの「お気に入り」に近いです。

「これは安い」

とか

「これを売ったら利益が出そうだけど、

相場がわからないので後で調べてみよう」

とかそうゆう商品は積極的に追加していくといいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

便利な使い方

実を言うと著者は

最近までアリエクスプレスにも

この機能があるのを知りませんでした(もしかして前からあった?)。

 

著者の場合は、エクセルに商品名とURLを保存することで、

URLをクリックするだけで商品ページ、もしくは

 「商品検索結果一覧のページ」 

に行けるようにしています

(ハイパーリンク機能を使っています)。

 

 しかし、モバイル端末を使って出先で商品を選んだり、 

 

 逆にお気に入り商品を出先で確認したい人 

 

 にとっては便利な機能だと思います。 

 

出先でノマドワークしたい方には必須の機能ですね。

お気に入りに入れておけば

同じ商品でも値段比較がしやすいですし、

 値下げやセールのときに気づきやすいというのもあります。 

 

自分のほしい商品が安くなっているときだけ買う

という方法も賢い買い方だと思います。

とりわけセールのときは他の商品も安くなるので

いろいろな商品を買いやすいです。

 

 「セールだったのに迷ったあげく何も買えなかった」 

 

ということにならないように、日ごろからお気に入りの中身は充実させておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

気をつけなければならないこと

一見すると便利な機能です。しかし、アリエクスプレスの商品は

・売り切れ

・商品の販売取りやめ

などを理由に

 商品ページが消えてしまうことがよくあります。 

 

消えてしまうならせっかくお気に入りに入れておいても

意味がなくなってしまいますね。

 

それどころか商品名がわからなくなって、

同じ商品を探すこともできなくなってしまいます。

他のセラーから同じ商品を買いたくても

 「どんな索キーワードで見つけたか」 

 「商品の英語名」 

を覚えていなければその商品にたどり着けません。

 

そうゆう意味では、

商品そのもののページをお気に入りに入れるよりも

当方が現在やっているように

 「商品検索結果一覧のページ」 

 

をどこか(エクセルなど)に保存しておくほうがいいでしょう。

 

この方法を行う場合は、

単純にブラウザ(インターネットを見るアプリのこと)

のお気に入りに入れてもいいですが、保存していくうちに膨大な数になっていくので日付やジャンルごとにフォルダ分けするといいでしょう。

 

もちろんこの方法には

「値下げ商品やセール商品を教えてくれる機能」

はありませんから、

Add to Wish List機能

と併用していくほうがいいと思います。

 

また、別途の問題ではありますが、

 出先で無料のWifiにつないだりインターネットカフェのパソコン 

 

 につなぐことは「盗聴のリスク」があります。 

 

アリエクスプレスのアカウント情報には

カード情報や住所の情報が入っているわけですから、

ノマドワークの際はセキュリティに十分注意しましょう。

 

リスクや機能の特徴を抑えて上手に活用してください。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加