Amazon Go、遂に開店。独自に開発したAIを実装した無人コンビニ登場でネット市場はどうなる? – アリエクスプレスで中国輸入    

Amazon Go、遂に開店。独自に開発したAIを実装した無人コンビニ登場でネット市場はどうなる?

この記事を読むのにかかる時間: 2510

Amazon goの特徴は?

Amazon goはアメリカワシントン州シアトルで、

1月22日に一般公開されました。

本土ではたいへんな騒ぎになっているようです。

まず、入店には

Amazon Go専用アプリのインストール

Amazon.comのアカウント

が必要です。

 

 

売っているものは

・弁当

・飲み物

・菓子類

が多いようです。

 

さらに軽食コーナーが併設されています。

 

言って見れば、

「食べ物専門のコンビニ」

といった感じですね。

 

2月時点では行列はすでになかったようです。

これは、人気がないからではなく、

「回転率が異常に高いから」

「もの珍しさで集まった客が減ったから」

の2つの理由が考えられるようです。

 

最初が一番混むというのはなんとなくわかります。

 

店舗はガラス張りになっていて、

外からスタッフが食事キット作る様子を

外から見ることができるようになっていたということです。

 

店舗の広さは、

日本の一般的なコンビニとあまり変わらないようですが、

・ゲートを管理するスタッフ

 ・商品搬入スタッフ数名 

 

が絶え間なく動いています。

 

「無人コンビニ」

と聞くと店員さんがいない情景が思い浮かびますが、

意外にも人間にしかできない業務が忙しいというところに

おもしろさを感じますね。

 

ところで

 「万引きとか不正が起こらないの?」 

 

という疑問は出てくるところですが、

これには防止する仕組みがあるようです。

 

・ゲートを通過する前に各自スマホに表示されるQRをスキャンしないといけない。

※1つのQRコードで複数人通ることは問題ないが、一人ごとにスキャンが必要。

・棚の商品を通るとアプリ内のカートに追加され、棚に戻すと削除される。

 

おもしろいですね。

まさにAmazonのサイトを具現化したような仕組みです。

 

このQRコードが個人個人を判別しているので、

他の客に商品を渡すことは禁止です。

 

ゲートから出るだけで、商品は自動的に決済されます。

クレジットカードの情報とも紐付けされているので、

商品の持ち逃げはできません。

 

店側にとっては

 ・万引きを防止できる。 

 

 ・客の回転率を上げられる 

 

というメリットがあり、

客にとっても

 ・万引きを疑われない 

 

 ・レジで並ばずにスムーズに買い物ができる 

 

というメリットがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

Amazon Goから見えてくるこれからのコンビニ

おおまかなAmazon Goの特徴は上述した通りですが、

他にも細かいところでは様々な特徴があります。

・流行しているオーガニック商品

・オシャレな内装

 ・Amazon傘下に入った高級スーパーマーケット 

 「ホールフーズ」のオリジナル商品 

 ・シアトル発祥スターバックスコーヒーの商品 

・Amazon Goグッズ(マグカップ・ドリンクなどのおみやげ的なもの?)

 

 一般的なコンビにと比べると独自色が目立ちます。 

 

一方、

・肉

・大型サイズの牛乳

・おかずを作るためのミールキット

もあります。

 

 「スーパーマーケットでよく買う商品」 

 

も置いているので、

定番の商品を手軽に買いたい場合は便利ですね。

 

無人という特徴だけに目が行き勝ちですが、

これらの販売されている商品からは、

・流行商品を売る。

・自分たちにしか売れないものを売る。

・定番商品を売る。

という差別化を図るための3種類の特徴を感じます。

 

また、ちょっと不思議な点は、

現時点では

・客の退店がアプリに認識されるのは退店してから約10分後。

・決済処理が行われるのはそこから約1時間後。

だということです。

 

買い物した合計金額を把握したり、代金が引き落とされるのに

ラグがあるわけです。

客の流れをスムーズにすることが優先するために、

料金のやりとりが後処理になっていることがわかります。

 

これはAmazon自身、

まだまだ改善の余地があると考えているようです。

 

いずれにしても、

・市場にマッチしている商品

 ・商品の独自性 

 

の両方がさらに求められていくことは間違いないでしょう。

 

なぜなら、

単純作業はAIや機械がやってくれるようになるので、

「人にしかできない作業」

がより重要視されていくからです。

 

 

 

 

 

 

 

Amazon Goが普及したら、コンビニ店員はいなくなる?

Amazon Goのカメラと連携しているAIは元々は、

同時に数人程度

しか認識できなかったそうです。

 

しかし、現在は70人程度まで認識可能です。

 

これから認識できる人数や精度も

どんどん上がっていくことでしょう。

 

今回のAmazon Goシアトル1号店は

「実験店舗」

だと思いますが、

 AIの精度が一定の水準に達すれば、 

 

 店舗数は急激に増やされるはずです。 

 

マクロ経済学的には、

「機械が新化すると、人の雇用が減る」

と言えるというのはよく聞く話ですが、

無人コンビニが普及した場合もやはりそうなのでしょうか?

 

前述したように、

 Amazon Goでは、人も忙しく働いています。 

 

 荷物を搬入したり、料理したり、人を誘導したり、 

 

 人にしかできない作業があります。 

 

AIは、あくまで

「人じゃなくてもできる仕事をやってくれる」

ものであって、

「人の仕事をとる」

わけではないと思います。

 

 しかし、本当にAIを信用していいのでしょうか? 

 

AIを信じすぎれば、

機械やシステムに多くの仕事を任せすぎた結果、

何かトラブルが起こったときに大きな問題が生じることでしょう。

 

たとえば、

・停電したとき

・強盗が入ったとき

・災害にあったとき

 

「機械が仕切っている店」

というのはとても弱いものに変わってしまう可能性があります。

 

そうです。

 機械で組まれた仕組みというのは、 

 

 人海戦術にはない脆弱性も孕(はら)んでいます。 

 

そのためあえて人の目でのチェックを必要とされる部分が出てきたり、

「石油タービン発電機」

「UPS/無停電電源装置」

「ソーラー発電」

 といった緊急用電源など、さらなる機械も必要になってくると思います。 

 

とりわけ、

「防犯システムやロボット」

は無人コンビニに特化した形での開発を求められてくることでしょう。

 

地震や津波時のマニュアルも見直しが求められます。

これは、AI・機械の設計に関する決まりだけでなく、

人のためのマニュアルもこれまでにない新しい視点のものが求められます。

 

これまでの仕事が機械やAIに任される一方、

人の新しい仕事はますます増えるということが言えるでしょう。

 

 一方でAmazon Go の出現でネット販売はどう変わるでしょうか。 

 

 我々、個人輸入業者がどうやって生き残っていけばいいのでしょうか。 

 

参考URL

驚きのコンビニ革命「Amazon Go」のすごい仕組み、魔法のようなAI技術の真実 | BUSINESS INSIDER JAPAN

野村證券 | アマゾンエフェクト(証券用語解説集)

アマゾン、医薬品通販に参入  :日本経済新聞

 

 

 

 

 

 

 

Amazon Goの出現でもはや安く売るだけではやっていけない時代になった

遡(さかのぼ)ること数十年、

高度急成長の時代は、

「売れば何でも売れる」

という時代がありました。

 

バブルが崩壊し、

不景気の時代が到来すると、

物価が高いのに給料が安い

いわゆる

 “スタグフレーション” 

が起こりました。

 

これは国家規模のものだったため、

 

 ほとんどの庶民は 

 

 安い商品 

 

 しか買えなくなってしまったんです。 

 

 

 

100円ショップの出現は、

最初は庶民を救うヒーロー

に見えましたが、

最初のころの100円ショップというのは、

「安かろう悪かろう」

の商品がとても多かった記憶があります。

 

それから、

だんだんと中国製品の品質が良くなってくると共に

・ダイソー

・キャンドゥ

・Seria

・シルク

といった大手100円ショップが現れ、

「大量仕入れ」を武器に

いいものが安く売れる時代

になっていきました。

 

それどころか、

 現在では独自商品まであります。 

 

100円ショップにいけば、

・かわいいもの

・便利なもの

・おいしいもの

・丈夫なもの

・品質の高いもの

が100円で買える時代になりました。

 

いまや、

 デパート・スーパー・コンビニにとって、 

 

 100円ショップは脅威になったと言えます。 

 

「なにを当たり前のことを言ってるんだ?」

という感じでしょうか。

 

 実は、この状況は、ネット販売をしている個人にとっても脅威なんです。 

 

著者自身、

アリエクスプレスで仕入れて毎週売っていた商品が、

某大手100円ショップの目にとまり、

店頭販売されてしまったことで

売ることができなくなってしまった商品がいくつかあります。

 

 儲かる商品は目立ちます。   企業の目にも留まります。 

 

そして、

個人がどんなにがんばっても、

300円でしか仕入れられない商品が大手なら

 大量仕入れや在庫処分のまとめ仕入れ 

 

によって100円未満で仕入れることもできますので、

勝ち目はありません。

 

 

 一方、ネットにはもう一つの脅威があります。 

 

そうです。

ここまで書いてきたアマゾンです。

 

アマゾンは、

「多くの品揃えの豊富さ」

という意味では、

ECサイト業界随一と言っても過言ではありません。

 

品揃えが豊富なだけではありません。

中国から直接発送する業者もいるので、

 いいモノが日本の店頭より安く買えるケースもたくさんあるんです。 

 

今では、

アマゾンの動き一つで

ショッピングモールが閉鎖に追い込まれたりするケースもあり、

年々アマゾンの市場への影響力は増しています。

 

その現象に

 「アマゾンエフェクト」 

という名前がつくまでになりました。

 

最近では、

アマゾンが医薬品通販に参入したことで、

大きな話題になりましたね。

 アマゾンの勢いは、 

 

 それぞれの業界を飲み込んでしまうほどの勢いです。 

 

ネットショップ関係者からも実店舗関係者からも

Amazonの動向は注目されています。

 

もはや家から一歩も出ずに

Amazonであらゆるものが買える時代になっていっています。

また、これからは

「家から出ればすぐそこにAmazon Go」

という時代にもなっていくことでしょう。

 

ネットの買い物はAmazon、

コンビニでの買い物もAmazon。

 

そうゆう流れができ始めています。

 

売り手が震えて眠る中、

買い手にとって便利な市場がますます増えていくことでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

安く仕入れて高く売るだけの時代はもうおわり。じゃあ、どうすればいい?

ネットで最安値を探す人は一定層います。

 しかし、前述したように今や価格が安いだけでは 

 

 Amazonやダイソーのような大手の業者には勝てません。 

 

資金で負けるからです。

 

また、仮に勝てたとしても、利益がとても小さくなります。

薄利多売になってしまうからです。

勝負に勝って、商売で負けたのでは意味がありません。

 

この記事では途中から大手100円ショップについても、

書いてきました。

勘のいい方はすでにお気づきだと思います。

 

すでに

 安かろう悪かろうなものが売れる時代は終わってしまっている 

 

んです。

 

安くていいモノは100円ショップで買えます。

100円ショップで買えないものや

よく買うものはAmazon Goが売るでしょう。

さらにAmazon Goは、

オリジナル商品にも力を入れているわけです。

 

 これまで以上に住み分けを行わなければ、 

 

 生き残っていけない時代になったことが 

 

 おわかりいただけると思います。 

 

 では、個人は何を売ったらいいでしょうか。 

 

著者は、ズバリ

 マニアックで中ぐらいの値段のもの 

 

だと思います。

 

その中でも特に

ブランド商品に匹敵するぐらいの品質だけれど、

・ブランド商品にないデザイン

・ブランド商品にない機能

を備えた商品です。

 

こういった商品は、

・競争相手が少なく、値崩れしにくい。

・長く人気が続きやすい。

という特徴を持っています。

 

もちろん

 単なるコピー品はダメです。 

 

当然、日本国内の知的財産権を侵害しないように

最新の注意をはらって仕入れる必要があります。

 

実は、わざわざ違法な商品を売らなくても、

コピー品ではない商品で、品質の高いノーブランド商品

はたくさんアリエクスプレスで売られているんです。

※キャラクター商品や大手ブランド商品の名前を騙る商品は

ほぼ間違いなくニセモノなので仕入れるのはやめておきましょう。

 

 著者自身、仕入れ値の2倍、3倍で売れるような 

 

 高品質なノーブランド品を扱っています。 

 

「大手ブランドの商品の良さがなんなのかを分析して、

その条件を満たすノーブランド商品を探す」

というのが、うまい仕入れ方だと思います。

 

また、プライベートブランドの商品を仕入れるのもオススメです。

プライベートブランドの商品には

製造から販売まで自社で一環してるので

安くてもいいものがけっこうあります。

 

 アリエクスプレスのような 

 

 ネットショッピングモールは集客力がありますから、 

 

 プライベートブランド商品も自然と集まってきます。 

 

ほしい商品にいい色のものがない場合などは、

メーカーに頼んで自分でOEM商品を作ってしまうのも手です。

 

 

 

 

 

 

 

いずれにしても、

よりコアな商品を売るわけですから、

その商品に詳しくないといけません。

そのためには、

 ・自分自身が好きなジャンルの商品 

 

 ・すでに自分が詳しい商品 

 

を取り扱うことが、てっとり早く稼ぐ近道と言えると思います。

 

販売する商品に詳しくないことは大きなリスクになります。

手がけたことのないジャンルなら、せめて

 「詳しくなれそうなジャンル」 

 

にしましょう。

 

ただし、いい商品を見つけてもすぐに飛びついて仕入れることだけはやめましょう。

 ・ライバルはいないか。 

 

 ・いくらぐらいで売れそうか。 

 

 については調べないといけません。 

 

儲からない商品を仕入れてもしょうがないですよね。

※詳しくはこちらに書いています。

アリエクスプレスでよく売れている商品の仕入れ値と仕入先を調べる

 

また、人が儲けている商品でも、

まったく同じ写真・説明・セット

で自分も売れるわけではありませんから、

テスト仕入れ・テスト販売が必要になります。

※詳しくはこちら。

中国輸入はテスト仕入れ・テスト販売が重要

 

テスト仕入れには

 「不良品率を調べる」 

 

という意味もあります。

 

繰り返しになりますが、

資金が潤沢にある大手と張り合っても意味がありません。

 

 ・個人だからこそのマニアックな着眼点。 

 

 ・小回りが利く個人の強み。 

 

というのを大事にしましょう。

 

大手は個人よりも資金が多い代わりに、

・大量に仕入れるのでいいと思った商品でも仕入れのに躊躇する。

・仕入れるために会社を通さないといけないのですぐに仕入れられない。

という弱点があります。

 

その点、個人は

 ・いいと思ったらとりあえず1個だけ仕入れてみる。   ・本当にいい商品なら即決で発注できる。 

 

という強みがあります。

誰から反対されることもなく、

よりマニアックで高品質な商品が仕入れられる上に、

高い回転率でテスト仕入れから、本格販売に持っていけます。

 

資金の少なさによるリスクを下げるために、

 ライバル調査・テスト仕入れ 

 

はしっかりした上で、

波乱の時代を生き抜けるしたたかな個人業者になっていきましょう。

 スキマ産業的な視点で、 

 

 大手との差別化を目指していけば生き残っていけるはずです。 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください