魚は輸入できる?~外為法~ – アリエクスプレスで中国輸入    

魚は輸入できる?~外為法~

この記事を読むのにかかる時間: 146

外為法の規制するものを大きく分けると二種類

外為法の規制するものは、大きく分けると魚と武器です。

 ニシン・ブリ・海苔・昆布などは「特定品目」となり、割り当てが必要になります。 

引用元

【輸入に関わる法律・規制を知っておこう | 貿易キャラナビ】

https://b.pasona.co.jp/boueki/teachme/3777/


また、武器も厳格な制限が設けられています。

武器そのものやその部品、軍需品は規制対象です。

特に原子力関連資機材、ミサイル、化学兵器、生物兵器

に関連するものは規制の対象になります。

 

 

 

 

 

 

知らずに仕入れてしまそうな商品は?

輸出貿易管理令別表第1

 「センサー・レーザー関連の汎用品だが、通常兵器に使えるもの」 

とあります。

センサーやレーザー関連のものを仕入れたい場合は

該当しないか下調べが必要になると思います。

 

 

 

 

 

規制リスト一覧


 

引用元

【安全保障貿易管理 – 実践! 貿易アドバイザー】

https://trade-adviser.jimdo.com/貿易実務用語の知識体系/安全保障貿易管理/リスト規制-特例-ca/


レーザーやセンサーを使った道具や機器は意外と多いので、

規制の対象にならないか

下調べが必要になると思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください