漢方薬を輸入するときの規制 ~ワシントン条約~ – アリエクスプレスで中国輸入    

漢方薬を輸入するときの規制 ~ワシントン条約~

この記事を読むのにかかる時間: 38

ワシントン条約とはなにか

ワシントン条約とは

「希少な動植物を守りましょう」

という国際的な条約です。

全体では実に3万5千800種類以上もの動植物が対象になっています。

 

絶滅してしまったら、復活させることはできませんので、各国は必死になって守っています。

 特に商業目的の密漁や販売に関しては目を光らせています。 

 

 

 

 

 

 

ワシントン条約の範囲

ワシントン条約の規制内容を具体的に見ていきましょう。

ワシントン条約に関する条約は付属書Ⅰから付属書Ⅲまで

あり、それぞれで絶滅する可能性・危険度が違います。

付属書Ⅰ

今すでに絶滅する危険性がある生き物

附属書II

国同士の取り引きを制限しないと、将来、絶滅の危険性が高くなるおそれがある生き物

附属書III

その生き物が生息する国が、自国の生き物を守るために、国際的な協力を求めている生き物

 

附属書II、附属書IIにリストアップされた動物の輸出入に関しては、

輸出国の政府が発行する許可書があればできますが、

付属書Ⅰの動物は本当に危機的な状況なので、

商業目的の輸出入は全面的に禁止されています。

 

例外として学術的な研究目的の場合などは両国の許可書があれば可能になることもあります。

 

 

 

 

 

 

漢方薬を輸入するだけで逮捕?

 漢方薬も上記にリストアップされた植物を使っていれば、 

 

 輸入した時点で違法です。 

 

 もっとも、漢方薬の場合は食品衛生法の規制も受けるので、 

 

 そちらの許可も必要になります。 

 

また、付属書にリストアップされた動植物は生体に限らず、

剥製でも許可なしで輸入すれば違法です。

 

また、 全体ではなくとも毛・骨・肉・皮など規制された動植物の一部でも輸入すれば法律違反です。 

 

 工芸品・バッグ・財布などを仕入れる特は素材に注意しましょう。 

注意してください。

 

その他の悩みがある方はこちら。

通関手続き・関税 Q&A

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像をアップロードできます。対応形式:JPEG・JPG・GIF・PNG