【中国通販サイト アリババ関連】ついにスーパーロボット仕分けセンターが稼動 日本人にとってのメリットは? – アリエクスプレスで中国輸入    

【中国通販サイト アリババ関連】ついにスーパーロボット仕分けセンターが稼動 日本人にとってのメリットは?

この記事を読むのにかかる時間: 637

ここまでのあらすじ

アリエクスプレスの運営元であるアリババは、

元々物流ロボットを採用していました。

 

アリババの採用している物流ロボットは、

ギークプラス社のもので

かなり業務効率の高いロボットです。

 

・ピッキング

・商品棚から商品棚への荷物の移動

 

などの作業を行うことができ、

人が作業を行う場合に比べて

 作業効率は6倍以上です。 

 

日本でも

アッカインターナショナルが

この物流ロボットを採用しています。

 

そんな流れの中、

中国大手宅配会社の

圓通速逓(えんつうそくてい)は、

浙江省(せっこうしょう)の

杭州(こうしゅう)物流センターでの

 スーパーロボット仕分けセンター 

 

を稼動しました。

 

参照URL

 

 

このセンターは、

アリババ傘下の物流会社

菜鳥網絡(Càiniǎo wǎngluò/Cainiao Network)

との共同開発です。

 

ロボットたちは、

 24時間休まずに働き続けます。 

 

 

 

 

 

 

 

配送の何が変わる?

物流ロボットを導入するメリットは、

・作業が速い

・24時間働いてくれる

ことだけではありません。

 

ロボットが働くということはつまり

 データがとれる 

 

ということを意味します。

 

現在、着々と広まっている

ロボット物流センターも例外ではなく、

ロボットの作業データは管理されています。

 

このデータはAIが分析します。

その内容は、

・保管データ

・出荷データ

などです。

 

この内容によって

「人気商品はもっと出荷場所の近くに移動しよう」

とか決めて、これをさらに

ロボットたちが実行します。

 

データを元にAIとロボットが

 センター内を最適化 

 

するわけですね。

 

さらにこれらのデータは、

「新商品の需要があるか」

「店舗ではどんな商品が足らなくなるか」

などのマーケティングにも活用されます。

 

しかも、

「30分充電すれば10時間稼動する」

ということですから、

莫大な人件費の削減

が見込めます。

 

 

 

 

 

 

 

日本人にとってのメリットは?

ここまでのお話で、

ロボット物流センターを作る企業側のメリットは、

・作業の効率化

・物流センター内の最適化

・マーケティング分析の最適化・自動化

・人件費の大幅削減

であることがおわかりいただけたと思います。

 

では、顧客側にとっては、

どんなメリットがあるんでしょうか?

 

我々、“仕入れ手”が

求めているECサイトの特徴と言えば、

・安い

・速い

・トラブルが少ない

・品質が高い

だと思います。

 

ロボット物流が今以上に普及していけば、

まず

・安い

・速い

・トラブルが少ない

の3つは進んでいくことになるでしょう。

 

人件費削減によって安くなり、

作業効率アップによって速くなり、

作業の最適化によってトラブルは減るはずです。

 

では、商品・サービスの品質は向上するでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、中国の産業は、

ベトナムなど人件費の安い国に押され、

苦戦を強いられています。

 

薄利多売だけでは、

いずれ中国は人件費がさらに安い国に

勝てなくなってくるでしょう。

 

しかし、ロボット・AIが

効率化・最適化

を進めてくれれば、

人間は、

商品・サービスの品質向上

など、人間にしかできない作業に

注力することができます。

 

これにより、

・より良い製品

・より安全で確実は配送方法

・より安全で便利な決済方法

・効率的なトラブル対策

・ほしい人にほしい商品を提案する仕組み

がさらに生み出されていくはずです。

 

サービス提供側は、

お金に余剰ができるわけですから、

中国国外の開発者を雇って

これまでになかった商品を開発したり、

よりショック吸収性の高い緩衝材が

配送に使われたりするかもしれません。

 

良いものはどんどん取り入れてくアリババ。

 アリエクスプレスはアリババの一サービスなので、 

我々、仕入れ手がその恩恵を受けるのもそう遠くはないはずです。

 

 この期待です。 

 

参考URL

アリババも使うAI物流ロボットで作業効率6倍UPへ、アッカ・インターナショナルが導入 | ネットショップ担当者フォーラム

 

 

「アリエクスプレスってなに?」という方はこちらをご参照ください。

1.アリエクスプレスって何?

 

アリババの最近の動きに関してはこちらに書きました。

中国通販大手アリババ(阿里巴巴)のファッションAIが業界を変える?スマートストアとは

アリババ(阿里巴巴)グループが人材育成のためシェアオフィスなどを提供

ローソンで使えるスマホ決済アリペイ(支付宝)チャージの方法・仕組み

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1 Comment

  1. Pingback: 【中国通販サイト アリババ関連】タオバオのMRショッピング体験 VRとの違いは 店舗販売はどう変わる? – アリエクスプレスで中国輸入    

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください