アリババ(阿里巴巴)グループが人材育成のためシェアオフィスなどを提供 – アリエクスプレスで中国輸入    

アリババ(阿里巴巴)グループが人材育成のためシェアオフィスなどを提供

この記事を読むのにかかる時間: 944

いろんなオフィスがあるけど、それぞれの違いは何?

アリババグループの一社が、

人材育成の一環として、若手にシェアオフィスなどを提供する動きを見せています。

 

そもそも最近はなんちゃらオフィスというのがいろいろありますが、

そもそもそれぞれの違いはなんでしょうか?

おおまかに違いをまとめると以下のような感じです。

 

サテライトオフィス

組織の本拠から離れたところにあるオフィスのこと。

 本拠から見ると衛星=サテライト 

 

のように見えることからこう呼ばれています。

働き手が少しでも

通勤時間を短縮できるように、本拠地から近い場所にサテライトオフィスを設置するパターンもあります。

逆に、本拠地から遠い地方にサテライトオ フィスを設置する企業もありますが、そうした企業の意図としては、

・自然豊かな環境で暮らしたい人のために。
・災害時でも事業が存続できるようにするため。
・賃貸料が安いから。

などがあるようです。

 

レンタルオフィス

別名サービスオフィスと呼ばれています。

以下のような特徴があります。
・個室でセキュリティ性が高い。
・入居したらすぐに仕事できる。
・事務所を借りるときのようなわずらわしい手続きがない。
 ・一等地でも小規模な組織が借りられる。 

シェアオフィス

複数の企業や個人が使用できます。レンタルスペースの場合、

個別の占有スペースが借りられますがシェアオフィスの場合それがなくオープンスペースです。魅力としては、

・料金が安い。
 ・サテライトオフィスと違って数が多い。 

・月額ではなく、使った分だけ払うシステムもオフィスがある。

などがあります。

出先で利用できるという点で営業を仕事とする方々に人気のようですが、

問題点もあります。

プライベートな空間が確保されていないので、

電話など機密情報を取り扱うときは場所を移するなど の手間がかかることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コワーキングスペース

シェアオフィスとの線引きは難しいですが、

シェアオフィスよりも利用者同士の交流できる要素が強いのが特徴だと言えそうです。

 

企業間・個人間が交流できるコミュニティという感じです。

著者もよく利用していた時期

があります。

 

 著者の借りていたところでは日借りができて、一日1000円でパソコンも貸してくれました。 

 

月額会員は有料オプションをつけることで、郵便物の受け取りや登記などのサービスがあった記憶があります。

 

学生さんと思われるような若い方々もいらっしゃいましたが、

静かなところで作業をしたい人にとっては合わない場所だと思いますが、頻繁に様々な勉強会があるのは魅力的でした。

 

参照文献
シェアオフィス、コワーキングスペース…4つの違い分かりますか?働き方改革に有効なオフィス比較! | Worker’s Resort ~人生の10万時間をもっと幸せにする~

 

敷居の高さで言ったら、

①サテライトオフィス

②レンタルオフィス

③シェアオフィス

④コワーキングスペース

と言った感じでしょうか。

下のほうになればなるほど、

安いかわりにオープンな空間で作業する環境になるという認識でいいと思います。

 

シェアオフィスのメリットをもっと具体的に書くと

・シェアオフィス敷金・礼金・家賃が安いので、

起業のハードルが下がるだけでなく、事業を続けていく上でも大きなメリットになる。
・立地がよければ発送時間の短縮などにもつながり、顧客満足度が上がる。
 ・オフィスによって、電気代や水道代もレンタル料に含まれるところもある。 

 ・家具が備え付けのところもある。 

 ・登記できるので、それによる恩恵が受けられる。 

・オフィスによって打ち合わせできるスペースもある。

などがあります。

2年間利用して分かったシェアオフィスのメリットとデメリット | TREVOスタッフblog

 

アリババグループの提供するシェアオフィスとは

アリエクスプレスの運営元である

アリババ(阿里巴巴)グループの閑魚(Xianyu)は8月3日

杭州市(こうしゅうし/Hangzhou)で、人材サポート計画として、他社と共同で「人材アパート」の運営を始めました。

アパート利用者が受けられるそのサービスの内容は、

「ミニ倉庫・シェアオフィスを借りられる。」

というものです。

入居条件を見た人の中で、以下の条件も満たす人はさらに優遇措置を受けられます。

・4年大学以上の学歴、もしくは起業計画がある。
・1年間の移住契約を結べる。

 

 

 

 

 

 

 

優遇措置は以下です。

・敷金・家賃の割引。
・創業者向けの交流会・講習を受けられる。

アリババとしては、例えばアリババが運営している

淘宝(タオバオ/TaoBao)に

出品しようとしている企業家がこのアパートに住みながら、

温度や湿度管理が必要な商品をミニ倉庫から出し入れしたり、

シェアオフィスを利用するライフスタイルを想定しているようです。

 

参考文献

若手人材に賃貸住宅やシェアオフィスなど提供、人材育成拠点に 杭州 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

これによって中国からの輸出・日本の輸入がどう変わる?

閑魚(Xianyu)というアリババ(阿里巴巴)グループの一会社で、

日本でいうところのメルカリのような中古売買に力を入れているECサイトです。

閑魚(Xianyu)の担当者、

諶偉業(Chen Weiye)氏の改善したかったことというのは以下のようなことだそうです。

社会人一年生にとって、不動産は不透明な点が多い。

しかも、数か月分の家賃をいきなり払えというのはハードルが高すぎる

仲介料なしで、部屋探し・内覧・支払いまでを一箇所で済ませられる環境の提供

安く住めて、手続きも楽で、輸出に適した環境まで整っている

というのは中国のセラーにとって取引しやすい環境ですね。

 

今回は閑魚だけのニュースですが、

これからアリエクスプレスやアリババなどのセラーにも

こういった環境が提供されていくことは十分にありえます。

また、日本でのレンタルオフィスの需要で年々高まっていることを考えれば、

アリババ以外にもこうゆうサービスを提供する民間企業が中国で増えていくかもしれません。

 

そうした環境が整備されていく中で中国のEC市場はどう変化していくのでしょうか?

 

著者が思うに、

以下のような変化があると思います。

個人・小企業が大量の在庫を持ちやすくなる

多くの業者が豊富な品揃えやサイズ・カラーバリエーションの商品を持ちやすくなる

 

中国各地でシェアハウスで営業する企業が普及する

それぞれのご当地名物の近くで

それぞれのセラーが住み分けをすることで、良い商品をすばやく仕入れることが可能に。

さらに空港や港近くに住む商品の輸送時間の短さを売りにするセラーも登場。

 

こんな感じでしょうか。

こうなると我々輸入業者にとってもメリットは大きいですね。

セラーにとって起業を始める上でのハードルが大きく下がることで最初から稼ぎやすくなることは確かだと思いますが、

生活費の一部が安いことで福利効果で利益を膨らませやすくなります。

 

結果的に多くのセラーが事業を継続しやすくなったり、

価格競争・品質競争ともに加速するのではないでしょうか。

 

今回、閑魚の提供する

「温度や湿度管理ができるミニ倉庫」

というのも

 「いいものが安く買えるようになる兆候」 

 

のような気がします。

 

場所が、電気のパーツや家電やOEM生産で日本人からも人気の杭州というのも今回のポイントですね。

中国のお家芸の工場が集中している場所です。

 

一見日本人には関係ないことのように見えますが、

こういった動きから、

恐らくアリエクスプレスで売られる商品の値段・品揃え・品質も

変わってくるのではないでしょうか。

 

ただ、我々にとっても問題点は

「アリエクスプレスを使えば誰でも簡単に中国製品をを買える」

ということです(笑)。

 

いくら安くて高品質な商品が増えても、人と同じものばっかり売っていては儲かりません。

ということは我々日本人も変わっていかなければ行けなくなることでしょう。

自分たち日本人も

「どうしたら経費を減らせるか」

という発想は見習いたいところですね(苦笑)。

 

今回の閑魚の改革を参考に、

「利益を膨らますために削れる経費はないか」

改めて見直してみようと思いました。

経費に関してもこれまでのありきたりな方法で削っていてはいけない時代になってきているのかもしれません。

 

利益を出すための方法は意外なトリッキーな方法だったりするのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください