転売ヤーやっつけちゃうマンの方へ – アリエクスプレスで中国輸入    

転売ヤーやっつけちゃうマンの方へ

この記事を読むのにかかる時間: 712

社会的に問題になっている転売とは何か

以前こういったコメントをいただきました。

わざわざウソのメールアドレスまで記入していただきました。

せっかくなので載せておきます。

※IPアドレスは個人情報のため伏せさせていただきます。

 

これを見てなんとも言えない複雑な気持ち、

というか切ない気持ちになりました。

 

確かに今、

様々な転売が問題になっています。

 

・限定商品の買占め

・稀少な人気商品の組織だった買占め

・集めた子供たちによって子供限定商品を代理購入させる

・法律上問題のある一流ブランド品の偽物販売

 

買占め、どれも確かに本当に迷惑ですね。

法律に触れるようなことではないとは言え、

「その商品を純粋に手に入れたい人」の手に

渡らなくなってしまいます。

 

災害時の買占めといっしょで

彼・彼女らは

自分(自分たち)の利益しか見えなくなってしまっています。

 

度を越していることは、

本人たち以外が見れば明らかです。

 

加えて、一流ブランド品の偽物販売は、

「本当にいい商品を売ろうと多くのリスクをとって生産・販売している人たち」

の商品の売れゆきが落ちてしまう点で迷惑です。

 

ところで、

あなたは、このブログの著者がどんな仕入れ手法・販売手法

を使っているか知っていますか?

 

人違いをされていませんか?

まず、

「あなたの嫌っている転売手法を著者がしているか」

をご確認ください。

 

・限定商品の買占め

やっていません。
スーパーマーケット・コンビニ・大手雑貨店
と同じように量産品を仕入れて販売しています。

※リサーチ不足だとそれこそ商品がお店とかぶってしまうことさえあります。

 

・稀少な人気商品の組織だった買占め

そもそも買占めを行っていません。
また、商品の購入に組織を必要としていません。

 

・集めた子供たちによって子供限定商品を代理購入させる

上記と同じく、著者の仕入れ商品は量産品です。
また、仕入れのために子供たちを集めることもしません。

 

・法律上問題のある一流ブランド品の偽物販売

自分の利益のために恣意的に人を騙すことはしません。
また、一流ブランド品が安く買えないことはよくわかっているので、
間違って買うこともありません。
部分的にでも一流ブランド品と類似したデザイン・仕組みを有する商品を仕入れるときは、
権利関係をしっかり調べています。

 

「これらには当てはまらないけど、

著者の輸入販売手法は社会的に問題がある」

という場合は、ぜひコメントにお寄せください。

(別の角度からのご意見か、もっと大局的なお話だと思うので興味があります)

 

転売と一言にいってもいろいろ種類があることをご理解ください

とりあえず、

著者は、

転売ヤーやっつけちゃうマンの方々が思っているような

 ・独り占め仕入れマン 

 

 ・ニセモノ売りつけマン 

じゃないことはご理解いただけたと思います。

 

著者だけではありません。

このブログの手法をメインに転売されている方々もそうです。

 

なぜなら、

このブログに書いてある手法を使えば
わざわざ公共良俗上問題になる仕入れや販売をしなくても稼げるからです。

最近は、

「転売ヤーは悪だー!」

「転売屋を倒せー!」

との声がちらほらと聞こえてきます。

 

しかし、果たして転売そのものが悪なんでしょうか?

転売の全てが悪なんでしょうか?

 

あなたは、スーパーマーケットやコンビニ・大手雑貨店

に行って商品を買いますよね?

 

そのときに商品を手にとって

「これを転売して俺(私)に売りつけようってのか!」

と怒ったりしませんよね。

 

だって、

それは恣意的に買い占められた商品ではないからです。

それに、物やサービスに利益をのせて売るのが商売です。

 

我々、買占めを行わない量産品テンバイヤー

もいっしょです。

 

だから、どうかその振り上げた拳をお納めください。

ポケットにご収納ください。

 

「転売ヤー」をひとくくりにして批判しないでください。

我々はあなたの敵ではありません。

転売にもいろいろ種類があります。

 

以下は愚痴になりますが、どうかお付き合いください。

中国商品の量産品をするためには

多くの棘の道を通らなければ稼ぐことができません。

 

一つの商品を仕入れて売って利益が乗るようにできるまでに、

けっこうな苦労があります。

 

楽に稼げるイメージがあるかもしれませんが、

稼げるレベルになるまでがけっこうきついんです。

 

まず、中国商品の品質自体は以前に比べて格段に向上しましたが、

検品での基準はいまだ日本よりは低いです。

ひどいと10個注文して半分以上壊れて届くなんてこともあります。

 

これは、元から壊れてるパターンと梱包が不十分で配送中に壊れるパターンがあります。

 

壊れた商品はもちろん破棄して、

自分自身でも検品した上で問題のない商品だけをお客さんに売ります。

 

つまり、こういった不良品リスクは全て、
我々転売ヤーが日本のお客さんの代りに負っています。
セラーからなんらかの理由でお金をとりもどせなかったりすれば、
この時点で赤字です…(涙)。

 

 

また、一つも不良品がなければ

売るだけで確実に利益になるかと言うとそうではありません。

 

我々は量産品を売っています。

限定品と違って、商品の仕入先さえみつければ誰でも仕入れられます。

 

自分のことだけ考えて同じ商品を大量に仕入れてまとめて売る人

が他に現れたら一瞬で値崩れします。

このパターンでも赤字になります。

(もちろんセット販売などの差別化はします)

 

「手に入ったから後は安泰」ではないんです。

 

そうです。

・日本国内の商品

・限定商品

・稀少な人気商品

・法律上問題のある一流ブランド品の偽物販売

問題になっている彼らがやっているどれよりも厳しい市場で、

我々量産品テンバイヤーは

強靭な武器をもたず素手だけで戦っています。

 

著者は、

あなた方と同じように

・商品をほしい人がその商品を手に入れやすい環境

・一流ブランドの偽物が少しでも減っていく社会

を目指しています。

 

これからもこのブログの著者、並びにご賛同いただいている転売ヤーの方々は、

「転売ヤー!爆発してしまえ!」

と罵られ、傷だらけになりながらも邁進してまいります。

 

 

ホームレス生活まで経験した著者が

這いつくばりながらも成り上がっていく様を(もしくはその散り様を)

このブログを通してどうかこれからも見届けてください。