【相場調査術】ヤフオクで転売したときに売れるものを無料でリサーチする。-基本操作- – アリエクスプレスで中国輸入    

【相場調査術】ヤフオクで転売したときに売れるものを無料でリサーチする。-基本操作-

この記事を読むのにかかる時間: 848

売れているものを知る【最重要】

「売れているものの相場を調べましょう」

というと

「そんなこと言ったって、そもそも何が売れているかわからないんだよ」

という声が聞こえてきそうです。

 

そうなんです。

ネットで何かを売ろうと思ったときに

「何を売ればいいかわからない」

というのが多くの人の悩みです。

 

なので、まずは売れているものを調べる方法を書きます。

ヤフオクトップページの検索バーに入力して調べます。

検索に限らず

「最初は広く浅く調べる」というのが探索法の基本なので

最初はザクッとしたキーワードを入れてみます。

 

このブログは

「海外から仕入れて日本で売ろう」という主旨のブログなので、

例として「輸入品」と入れてみます。

 

たくさんの輸入品が出てきました。

ここで入札順にしてみます。

現在開催中のオークションで入札が一番多い商品が最上位に出てきました。

米国直輸入品の時計、124件も入札が入ってるんですね。

 

「中国製ちゃうやないか」

というツッコミが聞こえてきそうですが、

「ヤフオクで売れている中国商品を知る方法」

までをここで書こうとすると非常に長くなるので今回は割愛します。

 

しかし、このシンプルな検索法が

もっとも大事な方法なのでぜひ覚えておいてください。

 

なぜかというと、この検索法を使うことで

過去ではなく現在人気の商品がわかるからです。

 

この重要性はきっと

ネット販売・転売を続けていくほどに実感できるものだと思います。

「過去売れたもの」というのはあくまで過去のデータです。

現在も売れているとは限りません。

 

だから、あくまで大事なのは「現在売れてるもの」なんです。

 

売れているものとまったく同じものを仕入れない方にとっても、

・どのカテゴリが盛り上がっているか

・長期休暇中に売れやすい物は何か

・今のブームジャンルは何か

というのをリアルタイムで肌で感じることができます。

 

よって、これはライバルと同じ商品を売ることで

かちあってしまうことを避けたい中級者にも

ぜひ思い返していただきたいことです。

 

 

 

 

 

 

 

調べる商品に迷ったときに

迷ったときにどうしたらいいか。

結論から言うと入札の多い商品を片っ端からウォッチリストに入れましょう。

 

ネット販売ビギナー・転売ビギナーの方もそうですし、

販売になれた方にもありがちな傾向があります。

「いくつかの商品だけの動向をいつも追ってしまう」

というやり方です。

 

前述したように、

 

広く浅く調べる

段々絞り込んでいく

 

というのが探索の基本です。

視野が狭くなってしまうと往々にして、

「より稼げる商品を見落とし、利益の薄い商品にしがみつく」

というスタイルになりがちです。

 

このスタイルをつらぬくと最終的にどんどんじり貧になり、

赤字スタイルになっていきます。

 

これは著者が専業FXトレーダーだった時代に、

相場自身に叩き込まれたことでもあります。

 

たくさんの人気商品をウォッチリストに入れておけば、

オークション終了後に終了価格がわかります。

 結果として、そのウォッチリストは「人気商品の最新相場を比較できるリスト」になります。 

 

“誰かの成功の記録”と言い換えることもできます。

自分から0から成功する方法を探すよりも、

成功した人をよく観察して真似したほうが圧倒的に成功は早まるわけですから、

ぜひ成功者を観察することを大事にしてください。

※ただし、ウォッチリストに入れたオークションページは、

一定時間後に消えてしまうのでリストを記録しておきたい場合は、

・スクリーンショット

・エクセル

などに保存しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

売れるものの相場を調べる

ここまで

「現在のオークションを見て人気商品を知ろう」

というお話をしてきました。

 

続いて相場を調べる段階になって

初めて過去の相場をリサーチします。

 

なぜなら現在開催中のオークションは

“まだ値が決まっていない商品”であり、

相場を感じることができないからです。

 

先ほど、米国直輸入品の商品の人気が高いことがわかりました。

それでは、この商品の相場を調べてみます。

 

タイトル全体をドラッグします。

コピーします。

ヤフオクの検索バーにペーストして、検索をします。

検索結果が出てきました。

が、これはまだ現在のオークションです。

ここで検索バー右の条件指定を押します。

終了したオークションを押します。

一番したの検索を押します。

これで、同商品の過去相場一覧が出てきました。

1月23日からのデータしか出てきませんが、

数が多いので十分参考になります。

ページ上部の

落札価格:

というところを見ると平均価格が5,001円だということがわかります。

経費全てをこれ以下にすることができれば、

利益になるわけです。

最高9,000円で売れているということもわかります。

ただ、最安値をよく見てください。

1,100円です。

 

SEIKO社のものであるにも関わらずです。

1100円~9000円までの価格の幅がある。

ということは、それだけ値段のばらつきがあるということです。

 

この手の商品は、

往々にしてライバルが多くて値段が変わりやすかったり、

時期の要因で大きく価格が変動したりします。

 

ライバルが増えるほどに仕入れ値も上がって行ったりもします。

みなさんは真似して売らないほうがいい商品と言えるでしょう。

 

最低価格と最高価格の差がそんなになければ、

ある程度安定した相場を保っているといえます。

 

このように、

国内の市場調査・相場調査の段階で

・どの商品が売れているか

・いくらで売れているか

・リスクはあるか

が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

売れている頻度を調べる

先ほど、「価格の安定」についてお話しました。

 

価格の安定は大事です。

例えば、あなたが今いる会社(年金生活の方は国や年金の会社から)

 

「先月は20万円支給できましたけど、今月は5万円です。

これで我慢してください」と言われたら

「えー」ってなるわけじゃないですか。

 

相場価格が安定しているかどうかの調査は、

あなたのこれからの給料の安定と同じなので非常に重要です。

 

同じような理由で、売れる頻度という意味での安定も大事です。

会社から、

「うちの会社は固定給です。

ですが、例外として商品が売れなかった月は無休です」

と言われたら、納得できるでしょうか。

 

できませんよね(笑)。

なので、転売ヤーを志す場合も、

「頻繁に商品が売れること」

は重要です。

 

ヤフオクで商品が売れる頻度を調べたい場合、

こんなふうにざっと売れた日付けを見ましょう。

先ほどの商品です。

 

これを複数ページに渡ってみていきます。

この商品は、ほぼ毎日売れてます。

売れる頻度としては十分ですね。

 

ただ、時期によって全く売れない商品というのもあるので、

1ページだけではなく、1年全体をざっと見てみましょう。

 

商品が売れる頻度に関しては、著者は

ほぼ毎週売れているかどうか

というところを見ています。

 

1週間のオークションを毎週開催してるので、

「週一売れれば十分」なわけですね。

 

というわけで、

・人気度

・価格の安定度

・販売頻度

に重点を置いて、ヤフオクリサーチの基本を書きました。

 

ぜひ、何度もやって稼ぐための基本を体に馴染ませてください。

稼げるかどうかはリサーチの段階で決まってしまうので、

この段階が一番重要です。

※他の悩みがある方はこちら。

Q&A一覧表

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

1 Comment

  1. Pingback: 【中国輸入リサーチのコツ】売れ筋商品を調べる ~ヤフオクで過去に売れた物を調べる~ – アリエクスプレスで中国輸入    

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像をアップロードできます。対応形式:JPEG・JPG・GIF・PNG